株式会社 ジェイ・イー・ピーは3Rを推進します

今日、廃棄物の処理問題や地球環境問題が注目を集める中、これまでの大量生産、大量消費型の社会システムから脱却し、リサイクル(再資源
化)・リデュース(最終処分量の最少化)・リユース(再利用)(以下、3Rと言う)を基本とした資源循環型社会システムに転換することが
重要になってきています。
 電子機器についてみると、その普及等により、今後、使用済み電子機器の発生量が増加する事が懸念される状況にあります。
このような現状に鑑み、当社は地球環境への配慮、限りある資源の有効利用のために、3Rに関する取り組みを積極的に推進し、埋立て”ゼロ”
の社会を構築していく必要があると考えています。
 さらに当社では、使用済み電子機器から有価物を効率良く選別し、リサイクルを図るためには、手作業という解体分別作業を行うことが最も
効果的であると考えています。
 また、労働環境を考えると中高年労働者、障害者も、自立と社会への参加を希望しており、地球環境問題についても関心が高く、自分たちの
手による作業で3Rに取り組んでいくことに生甲斐を持つことが出来ると考えています。

Recycle (再資源化)

一旦使用された製品や製造に伴い発生した副産物を回収し、原材料として再利用(マテリアルリサイクル)又は焼却熱のエネルギーとして再利用
(サーマルリサイクル)する。

Reduce (最終処分量の最少化)

省資源化や長寿命化といった取り組みを通じて、製品の製造、流通、使用等に係る資源利用効率を高め。廃棄物とならざるを得ない形での資源の
利用を極力少なくする。

Reuse (再使用)

一旦使用された製品を回収し、必要に応じ適切な処置を施しつつ製品として再利用を図る。又は、再使用可狽ネ部品の利用を図る。

環境省.jpg

環境ミュージアム.gif

JAMMA.gif

大牟田エコタウン.gif